ちぐさば海遊日誌

あ…ありのまま! 最近 起こったことを書くぜ!

終日仕事。生理検査歴1年三ヶ月。

f:id:kchigusa19870316:20170606183411j:image

今日、今年度の個人教育計画を書けと指示があった。そういや、異動してきてすぐに書いたっけな。。。

 

検査技師になってもう五年。

 

遺伝子→微生物→生理と異動してきたので何を極めたというわけでもないのが残念だけど、その代わりに自分がいる場所以外の部屋の事情が少しでもわかるっていうのはとても便利だと今になって思っている。

 

検体を相手にしてきた仕事から、人間相手の仕事にいきなり変えられた時は正直嬉しかったけど、現実は厳しかった。

一日70から80人以上の心電図をとり、その半分の呼吸機能検査がある。それを休みなくさばかなきゃいけない。機械に頼るところが多い検体検査と異なり、綺麗なしっかりしたデータを迅速に返すことがこれほどまでに難しいのかと思い知った。

 

激しい人の入れ替わりで部署は人手不足に。ただでさえ早くしなければいけないのに自分の仕事の仕方の悪さで先輩が3分で終われる人が10分以上かかってしまったり。採血当番も月1回半日から、5、6回終日に増えてちょっと細い血管の人は採れないもんだから、何度も専任の技師さんに代わってもらって迷惑かけたり。

 

焦るだけ焦って空回りして、私の不出来のせいでとても良い尊敬する上司にもいらぬ心配をかけてしまったこともあった。わざわざ電話をもらったり、技師長交えて面談したり、(別に無断欠勤したわけじゃないですが…)ほんとにいろいろあった。

それでも「生理検査はやっとやりたかったことだから、なんとかやって行きたいから、もう少しがんばらせてほしい。」っていう意思を尊重してもらって今日までやってきた。

 

今日も相変わらずの激務。一日中動き回って、病棟に出棟する仕事から戻ったら「近ちゃんほんとに仕事早くなったね。みんな言ってるよー」とずっと同じ部屋で仕事してきたパートさんに言ってもらえた。

 

もう、何より嬉しかった。

もっと工夫して、頭を使って、仕事しようと思った。

 

与えてもらったチャンスは絶対に無駄にしちゃいけない。

一人ではしんどくても、周りがサポートしてくれる限り、なんとか堪えて乗り越えれば絶対いいことがあると思う。

 

これからまた一年。

もっとできることが増えるように頑張ろう。

平日、1日の半分以上は仕事をしているわけだから、その時間も自分にとってとてもいい時間になりますように。